陰部の黒ずみ。さまざまな国のケア方法

 

陰部の黒ずみを最速で漂泊する方法は?海外で主流の方法を調べてみた

 

 

欧米では脱毛と同じくらい当たり前になっている、デリケートゾーン周辺のスキンケア。

 

最も選ばれている毎日のスキンケア成分、から美容外科的な方法まで、世界の主流と日本でも可能な漂白法をご紹介します。

 

 

日本で最も売れてる美白成分「トラネキサム酸配合」

陰部の黒ずみ専用「イビサクリーム」はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://ibizabeauty.net/

 

 

 

 

世界の陰部の黒ずみホワイトニング事情

 

陰部(俗に言うデリケートゾーン)などの見えない部分のケアはこれまで欧米系先進国以外ではあまり注目されませんでした。

 

しかし、アジアでの美容意識の高まりもあり、タイや韓国などでも一般の女性にまで浸透し始めています。

 

 

世界各地の陰部の黒ずみケア事情はどうなっているのか見ていきましょう。

 

 

陰部の黒ずみケア:欧米の主流・美容液や化粧水…人気の成分は?

 

早くから外科的な美容法を疑問視し始めたヨーロッパの陰部の黒ずみの主流ケアはオーガニックコスメやハーブでの美白です。

 

ヨーロッパでのハーブは日本で言う漢方のような役割を持っており、市販薬のような立ち位置にあります。

 

 

その中でも各家庭にニキビケア用ハーブとして1本はあると言われ、抗炎症作用が非常に高いティーツリー、革職人の手が白いことで美白効果が発見されたネロリが人気です。

 

 

一方アメリカでは一般の人と美容意識の高い人とではずいぶんケア方法が違います。

 

 

一般ではかなり攻めたケアが人気。

 

顔用の中でも劇薬として知られる漂白剤ハイドロキノンと強制ターンオーバー成分トレチノインのクリーム、顔用ケミカルピーリング剤など、後が怖い方法を使う人も多いようです。

 

 

ビキニや下着になることの多いヴィクシーモデル(有名下着ブランドのモデル)やプレイメイト(セクシーグラビア雑誌プレイボーイのモデル)などの間では抗炎症成分トラネキサム酸などの医薬品・医薬部外品美白成分がW配合された専用の美容クリームを使っているようです。

 

 

 

タイ・韓国…アジア美容大国での陰部の黒ずみケア方法

 

アジアでも美容先進国として名高い韓国やタイでの陰部の黒ずみケアはどうなっているのでしょうか。

 

 

韓国での主流は2パターン、売れに売れている美白クリームでのケアとレーザーです。

 

今最も売れている美白クリームである「ウユ(牛乳)クリーム」は、酸化チタンと言うミネラルを主成分としたコスメ。

 

 

こちらは塗ったすぐに美白を実感することができますが、酸化チタンによるコーティングのようなもので肌自体が白くなっているわけではないので効果は一時的です。

 

顔用のコスメと言うこともあってデリケートゾーンに塗るのはおすすめできません。

 

 

外科的な手法としてレーザーもあります。

 

こちらはメラニン色素に反応するもので、肌がきれいになると言うことはなく、場所が場所だけに、最悪余計に施術跡が目立つ結果になるなどのトラブルが考えられるため、やはりおすすめできません。

 

 

タイはアジアで最も美容医療が発展している国です。

 

信頼のおける大学病院で悩みに合わせた美容薬が処方されるので、処方薬を使う人も多いようです。

 

 

処方薬の成分で人気なのがトラネキサム酸やトレチノインなど。

 

ホームケアとしてはAHAやマンゴスチン、タマリンドという天然のソフトピーリング作用を持つデリケートゾーン専用の石鹸が主流のようです。

 

 

日本で売れている黒ずみケア

 

日本では陰部(デリケートゾーン)ケアと言うと、タイやインドネシアで日常的に使われているジャムウと言うハーブが主成分の石鹸が大ブレイクしました。

 

こちらは柿渋などが一緒に配合されているものもあることからも分かるように、美白と言うよりはムレやニオイのケアという意味合いが大きいようです。

 

 

残念ながら日本では本格的な美白ケア用コスメはそう数多くなく、質も良いとは言えないものも散見されます。

 

 

上質なデリケートゾーンケア専用商品と言うと、それだけで限られてしまいます。

 

唯一各地のケアでも人気のあった美白有効成分「トラネキサム酸」配合の薬用化粧品で、黒ずみの原因となる炎症を抑える有効成分「グリチルリチン酸2K」やハーブも配合された美容液がありました。

 

 

デリケートゾーン専用クリームの中でも顔の肌に使っても問題ないほどの安全性で、長期の使用によりくすみだけでなく、プツプツした凹凸やキメの荒れ、赤みやニキビなども改善できる贅沢な成分配合のイビサクリームは、元々は銀座・新宿・渋谷・六本木に店舗を構えるブラジリアンワックスサロンから生まれたクリームです。

 

 

 

 

 

 

2015年に販売されると、「セクシーが仕事」のアダルト女優さんたちの間で爆発的に売れ、美貌で人気の明日香キララさんもインスタグラムで使用を告白しています。

 

 

ムダ毛の処理や下着の摩擦によって傷みやすいアンダーが腕の内側の肌ようになったという声もあるほど劇的に変化するそう。

 

 

トラネキサム酸もグリチルリチン酸2Kも厚生労働省が認証している有効成分ですから、安全性も高く、効果も実証されています。

 

リスクの高い劇薬や顔用美白、美容外科的な方法を取るよりずっと手軽にきれいな肌になるので、イビサクリームは最も理想的なケア方法と言えるのではないでしょうか。

 

 

https://ibizabeauty.net/